ひとりごと


by sharoume
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

冒険してしまった

最近、忙しいを理由に、パン教室をさぼっているわたし

そんな私にあらたな誘惑が(; ̄ー ̄) ぶーさんとこで、これを目にし
とうとう焼いてしまった



b0045947_853324.jpg


ベーコン&オニオンブレッド焼いてしまいました
あの本を目にして以来ずっとずっと本を探してました
で、やっと見つけて・・・・

b0045947_8542448.jpg


ほら。。中身も・・
今度はもっとチーズを入れてベーコンの代わりにシーチキンを入れてみても美味しいかと思った
しかぁし、、、やはり思ったより成形に手間取った(; ̄ー ̄) 


で、作ってみて思ったことは、成形時に時間がかかりそうな生地の場合、
できるだけめん棒を当てすぎず手早く成形することと、(生地が傷むから)、
だから、ベンチタイム(生地を休ませる時間)を普段より10分から15分より長めにとること・・・。

これが出来上がり生地がふっくら膨らむコツだと思った

あと・・・こちらも焼いてみました(笑)

シナモンパン♡
前回のベーコン&オニオンブレッドもシナモンブレッドもパウンド型がないので
食パン型で焼いてみました

b0045947_952421.jpg


こちらはツイストがうまくいかなかった
本には24センチ角に伸ばしてと書いてあったが詳しくあまり掲載されていないので
わかりにくかったように思える
もっと欲を言えば成形時の写真を掲載してくれるといいなと思った


b0045947_9114324.jpg


そして、シナモンの分量が少なかった
切ってみてシナモンのうずまきがはっきりと見えない
食べても甘くなくほんのりシナモンの香りがする程度だったので今度は
もっとシナモンを入れてみようと思う

今回、この本とこの本を教えてくれたぶーさんに感謝( ̄人 ̄)
教室のレシピ以外で焼いたパンははじめてで手間取ることも多かった
個人的に本についての感想や希望としては。。。
リーンな生地とリッチな生地では捏ね具合や捏ねる時間がちがってくる
それを詳しく丁寧にわかりやすく書かれてあったので安心してパンが作れた
生地の捏ね上がりの見極めはどうしても不安になるもの

これでいいのかってね(笑)

あと欲を言えば、副材料が多く入るリッチな生地は捏ねる時なぜべたつくのかとか
リーンな生地は乾燥しやすいのはなぜなのかとかということも詳しく書かれていたら
もう完璧なのにと思ったのは私だけかな(笑)
b0045947_925333.jpg


今回この本の他に詳しく書かれた本を参考にして作ってみました
こちらの本は、パンそのものに入っている材料たとえばイーストとかお砂糖、
主材料と副材料のそれぞれの働きを詳しく一から書かれている本です
パンがなぜ膨らむのかとかグルテンの働きからイーストの働き、塩の働き、お砂糖の働き
、バターの種類や働きなどを(塩はグルテンの働きを妨げるから入れすぎたら膨らまないとかイーストの働きを助けるのはお砂糖だとか)をパン作りの基本が書いてありこれを頭に入れてパンを作るともう怖くないと思います
1月~12月まで季節の温度や湿度にあわせたパン作りを年をおって順に掲載されていてわかりやすく紹介されています

ぜひこれからパン作りを始められる方には、お勧めの一冊です

こうしてみるとパンとかお菓子ってまさに科学実験のようで面白い

あ、たかこさんとみかさんの本どうやって手に入れたかって?それはナイショ(  ̄ノェ ̄)

他にもこちらのベーコン&オニオンブレッドを焼かれておられます
このお2人方にも是非TBさせていただきます
こちらの方たちのブログもご覧ください


shizuerさんの「子育てin大阪」

soleiljap さんの「食卓から愛をこめて」
[PR]
by sharoume | 2005-07-06 09:40 | ブレッド